査定 保険 家財|実際に目視による査定を受けることで

新モデルの登場と時期を合わせて、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す予定でしたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていました。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことがありませんが、初めて無料の一括査定サイトを利用して見たところ、その金額の違いに驚きました。それにより下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。複数の業者で査定を受けましたが、30~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんに依頼する事も考えたのですが、このサイトには2-3社には出張見積りを受けたほうが良いと書いてあったと思います。3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、実際に買い取ってもらえる額が判るからだと思います。ネット上では概算は判りますが、参考にはなりますが決定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定してもらいました。査定の結果、ネット査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高の査定額を出してくれました。ネットでは68万円という金額でしたが、それ以上の業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

査定 保険 家財|そのページの情報では

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってもらえました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。みんなが知っている車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。ただそれは特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想すると楽しさが膨らみます。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。車を売却する時は、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

この日本において、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.