査定 その場 銀行振込|本社と交渉するので

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していって送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

査定 その場 銀行振込|そのため後日来てくれた際には

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を探していましたが、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

しかし、喜びもつかの間、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで売却することにしました。近くにある車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万とのことです。

この自動車は半年前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売却するはめになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていなかったようです。そのため、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.