査定 その場 買取|輸送料として減額されてしまいました

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、半年少々で手放したくなりました。職場の近くの中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売ることになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。そのため、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと思い直しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

査定 その場 買取|でも条件も書いてあって

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい車は高値で買い取るとありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く売れやすいとありました。でも条件も書いてあって特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、この車も外国に持って行くのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

日本では、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.