新車 安く 金利|過走行車扱いにはなるはずも無く

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

新車 安く 金利|査定をやってもらうと

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白さが目立ってオンボロ車のように感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定をやってもらうと、ボンネットのところの色が見積もり査定額に響いてしまうそうです。カーショップに行ってボンネットの白色を戻せないか考えていたところ、艶を出すことができる商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。母親からプロにやってもらったのかと言われました。

もう一回査定をしてもらったところ、前回よりも査定額がアップしました。古めの車なのでどうなるのかと思っていましたが、思ったよりも高く評価されたので良かったです。気になっていた部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも前の色に戻すこともできたし、それまでよりもキレイな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。またボディが白くなっている時等は、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定見積もり額のアップとピカピカにするための手間などを比較してみて、お得そうだったらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.