新車 安く 福車|最初に来てもらった会社は

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

新車 安く 福車|この車を次に乗る人を

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットを見たところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく売却しやすいとありました。他の情報では、馴染みの深い車や人気の車種が高く売れるとあったのです。但しその理由は海外向けとのことでした。今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、物を大事に扱うといったことも影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、想像すると海外で活躍するのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろん国内で使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ可愛がっていた車なのです。車を渡す時には中古車を買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.