新車 安く 決算期|すべて出張査定を依頼しました

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

新車 安く 決算期|気になっていたあの部分に塗ったところ

前に使っていた自動車は、ボンネットの目立つ部分が白い感じがしました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白くなっているのが影響してやけにボロ車に見えてしまうのです。一応洗車をして査定に持って行った所、ボンネットの白さが買い取り査定額に影響すると聞きました。

カー用品があるお店に行ってボンネットの白色を戻せるものはないかなと探していたら、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。母親から新車にしたのかと言われた程です。

再び買い取りのための査定をしてもらったところ、前回よりも査定額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、希望よりも高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、それまでよりもピカピカにすることができたのが何よりよかったです。

自動車の買い取りを利用する前には、車を掃除するなど綺麗にしておかないといけませんね。またボディが白くなっている時等は、ワックスで磨いておくだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定価格の上昇とつややかにするためのアイテムの費用とを比較するなどして、お得と感じたらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.