新車 安く カタチ|買い取りしてもらったクルマは

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放すことになりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万とのことです。私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売ることになっていたかもと思えば助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。ですので、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

新車 安く カタチ|ただそれは特に外国においての話でした

あまり出回っていない珍車を売却したら、想像以上の価格で買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。ただそれは特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回売った車も国産の車ですが、想像すると外国に持って行くのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売却する時は、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どんな所で普段待機しているのかなど、考えるとワクワクします。

どこにあるのかわかりませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.