井上 事故車|データ通信しています

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、色々と入力しデータ通信しています。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

井上 事故車|冷や汗が出るくらいです

乗り続けてきたマイカーを、もうすぐ来る車検のまえに思い切って売ることになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、別のクルマで走ってみたいそんな思いがしてきたからです。

以前とは違い、燃費の良いクルマが多いので燃料代もコストが抑えられます。できるだけ車を高く売りたい、そういった思いが艶かったので、高額査定が評判の専門店を探してみました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、実際に車を買い取って貰った方の殆どが、そこで参考になった査定額で納得されているようなんです。

いままでは、近くの1社に、査定を受けるケースという感じでした。しかしそうしてしまうと、提示された査定金額そのものが適正と言えるのかどうか、私にはわかりません。比較サイトを活用した場合、登録されている業者の中でも最も高い金額をつけてくれた業者に売却できるというメリットがあるのです。

それを知った私は、車種や年式等必要な情報を入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、腰が抜けるような査定額になっていたので、ただただビックリです。直ちに連絡して出張してもらって尋ねてみたところ、クイック査定で表示された金額と殆ど変わらない金額で売ることができました。比較サイトを使ってなければ、そう思っただけでも冷や汗が出るくらいです。私の場合ですが、思わぬ高額となって買い取って頂けたので大満足です。いきなりネットで売却というのは、決心がつかないという方もいると思いますから、まずは気軽に相場を見てみるところからやってみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.