事故車 見分け方|半年で50万円も

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を探していましたが、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放すことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。これを計算すると、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらえました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く売却することになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。そのため、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

事故車 見分け方|いくつかの買い取り業者と

これまで使用していた車を買い替える事になりました。私は車を買い替える時はディーラーでの下取りをしてもらうしかないと思っていましたが、実際にはそれ以外の方法もあるらしいとこのとき知りました。それが無料の査定比較サイトでした。

初めてのことですから、抵抗感もありました。ネットを使って調べながら、手続きを進めました。まずはよく見る査定が一括で申し込めるサイトを調べてからだと知ったので、それを調べ、そこから査定の申し込みをしました。その結果から、どこの業者に出張を依頼するかを家族で相談したのも覚えています。これまで親父がクルマを買い替えている姿は知っているので、どれくらいの査定額で下取りされていたかは知っていました。私が使用していたクルマの年式やクルマの状態などから、それほどは高く査定してくれないとイメージしていましたが、現実を知らなさ過ぎました。イメージよりも見積もり額を提示されました。これが下取りとしたらどれくらいの金額になるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その結果なのですが、いくつかの買い取り業者と同程度でした。ただそれ以上の金額でも見積もりしてくれるところもあったので、迷わず買い取り専門店に引き取ってもらうようにお願いしました。

初めてだったけど、一つずつ進めて行けば、申し込み手続きもやれました。思ったよりも高く売ることができたから、次の愛車を購入する時の費用も抑えることができましたし私としては大満足です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.