事故車 告知義務|済ませられました

これまで使用していた車を買い替えようと思いました。車を買い替えるときにはディーラーに下取りをしてもらうものだと思っていますが、他にも方法があるという事を聞きました。それが車買い取りでした。

初めてのことですから、取り掛かりが大変でした。ネットの画面を見ながら、手続きを進めていきました。まずは聞いたことのある無料の一括査定サイトを調べてからだと知ったので、それを調べ、そこから査定の申し込みをしました。その結果から、どこの業者に出張を依頼するかを選ぶことになりました。

今までにも兄弟がクルマを買い替えている姿は見ていましたので、どれくらいの交渉の後で売っていたのかは知っていました。私が愛用していた車の年式や車の使用状況を考えても、それほどは高く見積もりしてくれるワケないと思っていたのですが、実際は違っていました。想像以上の高額査定となりました。

もし下取りを選んでいたらどんな結果になるのか、ディーラーに聞いてみました。その結果は、車買い取り業者の2社と変わらない額でした。とはいえそれ以上の査定で買い取ってくれる業者があったので、その業者に引き取ってもらうようにお願いしました。

初挑戦のことでしたが、順に入力していくだけで、申し込みも簡単に済ませられました。高値で引き取ってもらうことができたから、次の愛車を購入する時の出費も減ったので私としては大満足です。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

事故車 告知義務|売却しようと考えていました

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を売却しようと考えていました。最初は購入時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなりそうでした。

今までは下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その価格差に驚いたものです。それにより下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に売ることにしたのです。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、はっきりした査定額が判ります。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり決定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。

査定の時間は1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定してもらいました。査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高額の金額を提示してくれました。ネットでは70万を超えない査定額だったのですが、76万を提示してくれた業者がいることを伝えると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.