事故車の定義|プロにやってもらったのかと

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分が白い感じがしました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白くなっているのが影響してボロボロの中古車に感じてしまいます。一応洗車をして査定をやってもらうと、ボンネットのところの色が買い取り査定額に影響すると聞きました。

ショップに行ってボンネットの色を戻す事は出来ないか見ていた所、艶を出すことができる商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。親父からはプロにやってもらったのかと言わせるほどです。再び買い取りのための査定に出したところ、前回よりはるかに高額になりました。古い車だったのでどうなるのかと思っていましたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気になっていた部分も特に指摘もありませんでした。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもつややかにする事ができたのが何よりよかったです。クルマを売る前には、車の艶を出しておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップと輝きを出すためのワックスなどの費用とを比較するなどして、お得そうだったらやってみるのもアリです。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の差が出るならいいですよね。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

事故車の定義|平均的な走行距離です

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、走行距離としては、平均的な走行距離です。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信しています。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.