中古輸入車 gooworld|手放さないといけない時があります

これまで使っていた自動車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが私には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比較することにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

中古輸入車 gooworld|売却しようと考えていました

新モデルの登場と時期を合わせて、所有している自動車を売却しようと考えていました。当初は購入したディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万くらい安くなっています。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。結局下取りは止めることにして、買い取り専門店に売却する話となりました。

クルマの一括査定サイトなどで比較してみたところ、査定額にものすごい差がありました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで金額にバラつきがあったのです。初めは一番高い額の買い取り業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

3社での見積もりが必要な理由は、実際のクルマをみてもらうことで、確定の査定額が判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、目安的なものであり詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定の時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位だった業者が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を提示してきました。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、76万円の業者があったことを伝えてみると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.