中古輸入車 雑誌|査定してもらいました

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万円位安い見積もりになっていました。これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その金額差に愕然としました。結局下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売却する話となりました。車買い取りサイトで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。一番高値の専門業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも3社とは出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上では概算は判りますが、参考にはなりますが確定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定してもらいました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを提示してきました。比較サイトでは70万未満の価格でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

中古輸入車 雑誌|最初に来てもらった会社は

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.