中古輸入車 激安|手放すことになる日は必ず来ます

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。この車は新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

中古輸入車 激安|2社以上と比較しないと

初めてで不安感もありましたが車査定サイトを活用して、10社で査定比較をしてみました。いつもは馴染みの業者に売却しているので、高値で買ってくれているものだと勘違いしていました。

実際のところは数社と査定してわかったのですが、いつも売却している業者はそれほど高くなかったようなんです。うちより高額で買ってくれるところはないと聞いていたので意外なものでした。相場以上であれば大成功だと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回売ることになった車は52万円が相場のようでしたが、一括の見積もりを取ったところその中で一番の高値が70万円を出してくれたのです。相場で売れたら満足できると怒っていたけど、相場ってことは高くも安くもない額ということです。

一括査定をして最高額となった業者は70万で、2番目の業者は68万円でした。3位は57万程度で、差があったので、上位2業者に出張査定見積もりを依頼しました。概算で1番の業者にそのまま売らなかったのは、2社以上と比較しないと安く買いたたかれるかもと思ったからです。一括見積りサイトにも、複数の業者を呼んで比較するべきだと書かれていました。

そしていざ出張査定を依頼すると、概算で70万と言っていた業者が62万円と言われました。手入れが悪いとの理由でしたが、8万円も変わるとは思いませんでした。ですが68万の業者は、68万でいいよと言ってくれました。当初は保険のつもりだった業者が最高額になりましたので、その会社に売却しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.