中古輸入車 中古車|愛おしい気持ちになり

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ですが私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

中古輸入車 中古車|売却した先のことも考えるのです

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で買ってもらえました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報では意外でしたが、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車が高値で売れやすいとありました。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私は日本人ですが、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、そのクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。できるのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

外国なのかもしれませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。車を渡す時には中古車を購入したいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよく上手く取れているものと思いました。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.