中古輸入車 中古外車|可もなく不可もなくということです

今までしたことはありませんでしたがクルマの買い取り査定サイトを使って、いくつかの業者で比較してみました。毎回いつもの業者に買い取ってもらっているので、相場より高く買い取ってくれていると決め付けていました。

実際のところはいくつかに査定をしてもらって判りましたが、いつも売却している業者はそれほど高くなかったようなんです。これよりも高く買い取れるところはないと豪語していたので意外でした。相場以上であれば問題ないと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回売却した愛車の相場は52万円だったのですが、複数の業者で査定をしたところ一番高い提示額は70万円と提示してくれました。世間相場の額なら満足できると怒っていたけど、よくよく考えれば相場とは可もなく不可もなくということです。

一括で依頼できる査定をして最高の業者は70万で、2番目の業者は68万円でした。3位は57万程度で、かなりの差となりましたので、第一位と二位の業者に出張見積もりをお願いしたのです。簡単査定で1番の業者にそのまま売らなかったのは、複数の業者に競わせないと安いか高いのかがわからないと思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、最低でも2社とは比べると差がわかると書いてありました。

出張査定の時には、70万だと思っていたけれど62万程度の査定額になりました。傷がいくつかあるという理由でしたが、8万円も変わるとは思いませんでした。でも68万と提示していたところは、68万のままと優しく言ってくれたのです。概算見積もりは2番だったけど一番高値となったので、その業者に引き取ってもらいました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

中古輸入車 中古外車|とする次のオーナーもいて

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。思っていたよりもかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気車種が高値で売れるとあったのです。それは海外向けとのことでした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもしれないなと妄想すると夢が膨らみます。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときにはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

日本では、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.