中古輸入車 ベンツ|どんな結果になるのか心配でしたが

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの一部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に見えていました。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、ボンネットのところの色が査定金額に影響があると言われました。カーショップに行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。それを見た人からいくらかかったと言わせるほどです。

再度買い取りしてもらうための無料査定を受けたところ、前回とは見違えるくらいアップです。古い車だったのでどんな結果になるのか心配でしたが、希望よりも高く評価が出てよかったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白くなりかけていたところも基の色に近づけることができ、それまでよりもより一層つややかにする事が出来ました。車買い取りを依頼する時には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、艶出しワックスなどでメンテしておくと相場以上の査定になるかもしれません。査定額のアップとピカピカにするためのワックスなどの費用とを考えてみて、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。私は1000円の投資で、査定額は数万円アップしました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

中古輸入車 ベンツ|もし本気で売るつもりならば

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、家から離れたところの中古車販売店にあったのです。

ところが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。家の近くのクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に70万出して買いました。単純計算では、半年間で約50万も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらえました。複数業者の査定では6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。そのため、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もし本気で売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.