アコード cu2|判りますサイトでの評価額は判りますが

新型の発売に合わせて、旧型の愛車を売ろうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万くらい安くなっています。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額の違いに驚きました。それにより下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることにしたのです。車買い取りサイトで確認してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。当初は最高額の業者さんに売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。

複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、実際に買い取ってもらえる額が判ります。サイトでの評価額は判りますが、目安でしかなく詳細は車によって異なります。そのため出張依頼を3社にして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定から売却手続きまでは1時間位らしいので、土日など休みの日に査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、一番高い金額を提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、それ以上の業者がいることを伝えると、78万まで増額してくれたのです。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード cu2|これはもしかすると

珍車を買い取り業者に出したところ、思わぬ価格で買ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこであっても思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには中古車を購入したいと思っている人がいて、買いと売りがバランスよく取れているんでしょうね。

素敵な日本で、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.