アコード cm ジャズ|なんだか切ない気分にもなり

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。でも素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード cm ジャズ|日本のクルマは海外で喜ばれます

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で売ることができました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットで調べてみたところ、ある情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で売れやすいとありました。ただそれは海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、この車も海外で使って貰えるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車買い取りの際は、そのクルマを手放すときの寂しさがありますが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時にはクルマを買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

この日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.