アコード CL7|下取ってもらう予定でしたが

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万円位安い見積もりになりそうでした。今まで買い取り業者とかはやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。結局下取りは止めることにして、買い取り専門業者に売ることにしたのです。

実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は76万円の業者1社に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、確定の査定額が判ります。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく決定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位だった業者が1位の査定額を抜いて、最高額の金額を出してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード CL7|クルマ買い取り専門店に

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、半年少々で買い替えを考えました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、せいぜい20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには変わりないのですが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く手放すことになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車をもっていくような準備をしていなかったようです。その為、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もし本当に売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.