アコード 車両|珍しい自動車は高値が付きやすく

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買い取ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車が高値で売れるとあったのです。それは特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも関係していると思います。私が思うに、日本の車は世界一と信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。日本では、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々思いを巡らせてみました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード 車両|利用しようとも思いませんでしたが

新型の発売に合わせて、買い替えのためにマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、クルマの買い取り店と比べると15万円位安い見積もりになっていました。

それまで下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その価格差に驚いたものです。結局下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることになりました。

車買い取りサイトで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで査定額にバラつきがありました。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

3社での見積もりが必要な理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。

売却手続きまで含めて1時間もあればとのことでしたから、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高の査定額を出してきました。ネットでは70万を超えない価格でしたが、76万を提示してくれた業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.