アコード 販売会社検索|見積もりをしてもらいました

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較してみることにしました。最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信しています。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード 販売会社検索|クルマの査定を受ける前には

前に使っていた自動車は、ボンネットがなぜか白くなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白さが目立って安っぽい感じの車に感じてしまいます。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが査定価格に影響があると言われました。カーショップのようなところに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、艶を出すことができる商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、ボディはとてもきれいになりました。親父からは買い替えたのかと言わせるほどです。

そこでもう一度査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、これまでよりもそれ以上にピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、なるべくボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定価格の上昇と艶を出すためのグッズ代と手間を考えてみて、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。私は1000円の投資で、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.