アコード 米国 販売台数|このように想像できなかった高値で

長年連れ添ってきた車を、次の車検のまえに思い切って売却する事にしました。なんとなくですが、別の車を運転してみたいといった思いが湧いてきたからです。

これまでとは違い、最近は低燃費の車が多いので燃料代の節約にもなります。売る車は高額で引き取って欲しい、そう思っていたので、評判の良い買い取り専門業者を探していました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、クルマを買取ってもらった方の多くが、その査定額に満足している事に気がついたのです。

これまでは、買い取り業者に伺って、査定をお願いするというのが一般的でした。しかしそれだけでは、伝えられた査定価格が適正なのかどうか、私にはわかりません。一括査定サイトを活用した場合、登録されている業者の中でも一番高い金額を提示してくれた業者さんに車買い取りを依頼出来るというメリットがあるのです。

それで私もやってみようと、車種やグレードなど必要事項を入力して一括査定をお願いしたところ、目が飛び出るような査定額になっていたので、ただただビックリです。すぐ連絡したら出張してくれたので話を伺ってみたところ、ネットで提示された額とほとんど同じで売ることができました。ネットで査定をしていなければ、そう思うだけで背筋がゾッとしてしまいます。

このように、想像できなかった高値で買い取りしてもらえたので満足です。売却となると、拒否反応を示す方も多くいると思われますので、まずは世間相場を調べる感じでやってみてはいかがでしょうか。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード 米国 販売台数|それぞれに買い取り額を出してもらい

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、色々と入力し通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.