アコード 発売|乗りたいと思ってましたが

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で手放したくなりました。職場の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。単純計算では、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた人気の買い取り業者に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万円の差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売却するはめになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

この状態で持っていくつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード 発売|査定してもらいに伺ったところ

これまで乗っていたクルマは、ボンネットが白い感じがしました。濃い色のボディの車だったのですが、その白くなっているのが影響してボロボロの中古車に見えてしまいます。一応洗車をして査定してもらいに伺ったところ、ボディの一部の色が買い取り査定額に響いてしまうそうです。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、ボディの艶を出すような商品がありました。さっそく気になるところをやってみたところ、艶が出ていい感じになりました。それを見た人から買い替えたのかと言われました。

そこでもう一度査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。古いものでもありましたからどうなってしまうのかと思っていましたが、希望よりも高く査定してくれたのでよかったです。無論色についても影響はなかったようです。白っぽく感じた色も元々の色に戻す事が出来、これまでよりもそれ以上につややかにする事が出来ました。

自動車の買い取りを利用する前には、車を掃除するなど綺麗にしておく事をお勧めします。またボディが白くなっている時等は、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額が上がるかもしれません。査定金額のアップと艶出しの為の手間などを計算してみて、得な気がしたらやってみるのもアリです。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.