アコード 最新|利用して見たところ

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、思いのほか安かったし、クルマの買い取り店と比べると15万くらい安くなっています。これまでもディーラーの下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に売却する話となりました。

車一括査定サイトで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。一番高値の専門業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてありました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、実際に買い取ってもらえる額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく詳細額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来てもらうことにしました。査定の時間は1時間位らしいので、休日にまとめて査定を受けることにしました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位だった業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の見積もりを提示してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード 最新|乗ってきた車を手放す悲しさもありますが

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で売ることができました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、認知度が高い車や人気車種などが高額で売却できるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も日本のメーカーですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので活かされるのなら嬉しいですね。車を売却する時は、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや次の運転手を想像する楽しさがあります。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、考えるとワクワクします。どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。クルマを手離すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.