アコード ユーロr|計算したくもありませんが

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していましたが、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。まずは近隣の車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。計算したくもありませんが、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万円となり引き取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売却するはめになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード ユーロr|考えるとワクワクします

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買ってもらえました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで確認したところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私が思うに、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。今回売却したクルマも国産メーカーの車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。

もしかすると海外かもしれず、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.