アコード ポータブルナビ|参考にはなりますが

新型の登場とともに、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、クルマの買い取り店と比べると15万円位安い見積もりになっています。

今までは下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門業者に売ることになりました。クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定金額の差が大きいことが判りました。8社で査定を受けたのですが、30万円~76万円まで金額に上下が大きかったです。初めは一番高い額の買い取り業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトをよく見てみると2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、本当の査定額が判ります。ネット上で判る査定額は、参考にはなりますが決定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来ていただきました。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定をお願いしました。目視での査定の結果、ネット査定額2位の業者が1位の業者さんを上回り、最高額の金額を提示してきました。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード ポータブルナビ|大切に扱う習慣も

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で売ることができました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を売り渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

豊かな日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.