アコード ハイブリッド 減税|今回は買い替えせずに

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私には今の車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比較することにしました。先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード ハイブリッド 減税|珍しい車を買い取りに出したら

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で売ることができました。思った以上でかなり高額で売れたのです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットでチェックしたところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。他の情報では、売れている自動車や人気車種が高値で売れやすいとありました。それは国内ではなく海外向けとのことでした。国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私の考えも、日本の中古車は世界一と思っています。

今回売却したクルマも国産メーカーの車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。自動車を買い取ってもらうときは、そのクルマを失う悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには中古車を購入したいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。豊かな日本において、今後も良質な中古車が必要としている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.