アコード ツアラー 不具合|地元と大手とでは

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探していましたが、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、半年少々で売ってしまうことになりました。近くにある中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた有名な買い取り専門店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはありませんが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売ることになった可能性があったのですから助かりました。

このまま買い取りしてもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。ですので、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もしも売却するつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード ツアラー 不具合|国産メーカーの自動車は

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取って貰えました。相場よりもかなり高く売却できました。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、売れている自動車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。それは海外向けとのことでした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、物を大事に扱うといったこともその理由のようです。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。買い取ってもらった自動車も日本のメーカーですが、想像すると外国に持って行くのかもと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを手離すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよくなっているんだなと思いました。

この日本において、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.