アコード ギターケース|さすがに安すぎでしょうと思い

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

しかし、喜びもつかの間、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で売却することにしました。職場の近くの車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

この自動車は半年前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売ることになっていたかもと思えば助かります。この状態で持っていくつもりになっていましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような感じではありませんでした。その為、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、ハナから言っておくべきだと思い直しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード ギターケース|白くなりかけていたところも

前に乗っていたのは、ボンネットの目立つ部分が白くなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいオンボロ車のように見えてしまいます。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが査定金額に影響を与えるという事を聞きました。

カーショップのようなところに行ってボンネットの白色を戻せないか考えていたところ、ボディの艶を出すような商品がありました。気になっていたあの部分に塗ったところ、驚くほどキレイになりました。隣のおじさんにはプロにやってもらったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度買い取りしてもらうための査定に出したところ、思いのほか高額査定となりました。古いものでもありましたからどんな結果になるのか心配でしたが、想像以上に高く査定してくれたのでよかったです。気になっていた部分も影響はなかったようです。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、これまでよりもそれ以上にキレイな感じにすることができたのが嬉しかったです。

クルマを売る前には、できるだけボディをきれいに見えるようにしておきましょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定見積もり額のアップとつややかにするためのグッズ代と手間を比較するなどして、オトクになるようであればやってみましょう。千円くらいの出費があっても、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.