アコード インターナビ|乗ってみたいと思いましたが

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたいと思いましたが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。家の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

このクルマを私は6カ月前に総額70万で買いました。単純に計算すると、半年間で約50万も消化してしまったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く売却することになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード インターナビ|止めることにして

新型の発売に合わせて、所有している自動車を売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万くらい安くなるところでした。

今まで買い取り業者とかはやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。結局ディーラーへの下取りは止めることにして、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定金額の差が大きいことが判りました。複数の業者で査定を受けましたが、30万円~76万円まで金額にバラつきがあったのです。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていたのです。3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく決定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

査定から売却手続きまでは1時間もあればとのことでしたから、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。出張してもらっての査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の業者を逆転して、最高額の金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った金額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.