アコード中古車|この車は新車で購入し

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的でしたから、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。自動車の査定は2業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。でも素人には今の車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコード中古車|豊かな日本において

珍しい車を買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く売却できました。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。そのサイト以外では、みんなが知っているクルマや人気のあるクルマが高く売却できるとあったのです。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。今日本の車は海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うと夢が膨らみます。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。車を売るときは、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。外国なのかもしれませんが、どこであっても子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.