アコードハイブリッド 試乗|査定に必要な時間は

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万くらい安くなっていました。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

クルマ買い取りのサイトで確認してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。一番高値の専門業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていました。

3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、はっきりした査定額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定に必要な時間は1時間位らしいので、集中的に出来る日に査定をお願いしました。査定の結果、概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを上回り、最高額の見積もりを提示してくれました。ネットでは70万を超えない査定金額だったのですが、76万円の業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコードハイブリッド 試乗|たまたま自宅の近くに

就職も決まったので、両親に車を買ってもらいました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、この自動車に乗って通勤しておりました。ところが転勤することになったのですが、車をもっていくかどうかで困っていました。都市部以外であれば車は、必要なものであります。しかし公共交通機関の整備されている都会においては、クルマを持っていなくてもさして生活には支障はありません。それ以上に駐車場のことや管理費まで考えると、経費的にも負担が大きくなってしまうのでこれをきっかけに売却を検討することにしました。

たまたま自宅の近くに、中古車販売の店舗があったと思いだしたのでそこに車で伺って、査定してもらいました。予想を大幅に下回る金額がつけられ、思わず落胆してしまったのでその場では申し込まずに、他で高く買ってくれるところを探そうと思ったのです。

ネットを見ると一括査定ができるようで、早速見積もりを取ることにしました。年式や走行距離事故歴などを入力し検索すると、厳選された複数の買い取り業者が概算の見積もりを教えてくれます。一括なので入力は1回すればよく、簡単ですし手間も節約できるから楽ちんです。調べた結果、最高額をつけてくれた買い取り専門店があったので、そこへ売ることにしました。

最初の査定よりも得た金額は大幅に差があったので、査定比較サイトを活用して本当に良かったと思います。交渉したので、予想以上の高値で買ってもらえました。車を売却することがあれば、無料の査定サイトを活用することをお奨めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.