アコードツアラー|査定見積もりをしてもらいました

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になりそうでした。

これまで下取りだけしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して見たところ、その金額の違いに驚きました。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に売ることになりました。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。当初は76万円の業者1社にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に観てもらうことて、査定額がハッキリと判ります。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり決定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。出張査定の時間は1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定見積もりをしてもらいました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位だった業者が1位の査定額を抜いて、最高額の見積もりを提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコードツアラー|いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。これ以外のサイトには、馴染みの深い車や人気車種などが高額で売却できるとあったのです。但しその理由は特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.