アコードとは|長年使用した自動車を

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、色々と入力し送信していました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。


見積もり比較に申し込み!かんたん車査定ガイド

アコードとは|そのまま乗って帰られました

私の生活圏はかなりの山奥で、車買い取りだけをやっているお店はありません。買い取りできるのでは、クルマのディーラーか中古車販売しているところです。

約5年ほど乗ったクルマを売却した時、どこでも同じだろうと地元で査定してもらいました。その結果、手入れもしてきた車なのに30万ほどの見積もり額にビックリしました。

そこで、ネットを使った無料査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で買ってもらえました。ネットの一括査定の依頼で査定をお願いすることになった2社は、どこもテレビCMなどでお見かけする買い取り専門業者です。私もそうは休めないので、時間差をつけて査定に来てもらうことにしました。後半に来たスタッフの方が活気のある方で、この色のクルマを探している人がいるので査定も頑張りますと言われました。査定の結果は40万円と10万も増えましたので、その方に売却しようと即決しました。その方は準備周到で、もう一人も来られていたみたいでそのまま乗って帰られました。

遠くから来てもらうまでもないとイメージしていましたが、地元の業者にしてもらった時より明らかに手間がかかりませんでした。メリットとしては、面倒な手続きなどは準備が出来ているのですぐ終わりますし、相場以上となる40万となり、ネットの査定サイトを活用して本当に助かりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の買い方にはコツがある!?車の選び方を知ろう All rights reserved.